産技高専品川 ロボカップ研究部

都立産技高専ロボカップ研究部 公式ブログです。 日々の活動、大会の様子などを更新しています。

カテゴリ: サッカー

Soccerの2014ルールが発表されました。
http://rcj.robocup.org/soccer.html

ロボットの制限やジャッジはほとんど変わっていませんが、
フィールドの色・形状が少し変わるようです。
soccer2014













大きく変わったところは…フィールドの端(10㎝)に、ボールがライン内に戻ってくるようにするための傾斜が設けられたこと。
これで、アウトオブバウンズ(リーチ)してしまうロボットが減り、試合がよりスムーズになるのではないでしょうか?

SuperTeamは、去年とても盛り上がった5vs5のBig-Fieldが今年も行われるようですね♪♪

Rescueのルールはまだ発表されていません。発表され次第、ブログに更新したいと思います。

By Sunrise(今年もよろしくお願いします)
 

部長ぜむ追記
13年世界大会オランダで実施された、スーパーチームのBigFieldのルールも合わせて公開になりました。

http://rcj.robocup.org/rcj2014/soccer_superteam_2014.pdf
 

どうも、部長ぜむです。

つい1週間過ぎてしまいましたが、NESTロボコンのサッカーの雑感でも書いておきます。

正直なところ、ロボットをどうにか動かすことに集中してたので、あまり周りが見えていませんが…

とりあえず、全体的にですが、2013ルールから正式採用となったBフィールドではなく、

Aフィールドでの競技となりました。

個人的にはBフィールドで2014大会への布石となればよかったと思いますが、Bフィールドが全くない中、

やるというのは不可能ですね。仕方ないですね。

Aフィールドでしたので、ジャパンオープンの時のロボットを持ってくるという人もいました。

また、チーム数は3~4つの個人・グループで1チームを構成している形で行ったので、

チーム数は、ライトウェイト4チーム、オープン3チームと、規模は小さめで、割りとまったりとした雰囲気でした。


オープンしかちゃんと見れていないので、オープンに関してのみ言っておくと、

2013大会で使用されていたLEGOロボットがしっかり確実に動いているようでした。

そのロボットの所有者たちも現在はオープン向け自作ロボットを作っているようでしたが、

間に合わないという状況で、LEGOのロボットを持ってきているようでした。

自作ロボットは、ちょっと完成度がいまいちかなという感想でした。

キッカーが動いているチームもありませんでした。

制御をしっかりやればやるほど化けるロボットが多いと感じました。(製作時間不足もあると思います)

競技レベルとしては、オープンは2013関東よりチョイ下ぐらいでしょうか。
(わかりにくくてゴメンナサイ)


話がわかりにくくて申し訳ないのですが、最後に思ったのは、

NESTロボコンは、今回の参加者の多くが参加した、ジャパンオープン終了から

次のノードが行われるであろう日と中間にある競技会です。要するに中間発表なわけですが、

全体的な完成度がイマイチでした。これからBフィールド対策、ロボットの作りこみなどなど…

あるかと思いますが、サッカーの人たちは、これからノードまでの頑張りが、

大会の結果へと大きく響くのではないかなと思いました。

とりあえずNESTロボコンのサッカーの雑感でした。 

ロボカップジュニア サッカーに関するカテゴリです。

このページのトップヘ